西ジャワ州 / 州都バンドン

 

asean1-3

Republic of Indonesia

インドネシア共和国

5,110kmと東西に非常に長く、また世界最多の島嶼を抱える国である。赤道をまたがる1万8,110もの大小の島により構成される。

人口は約2億5千万人。世界第4位。2050年には3億人を超えると推計されている。

1998年のアジア通貨危機をきっかけに軍政から脱し、民主化と地方分権が急速に進む。

2013年現在の大統領はスシロ・バンバン・ユドヨノ。

2014年に大統領選挙を控えている。

国民の75%がイスラム教徒だが、建国当初から「多様性の中の統一」というスローガンを掲げて宗教、文化、民族の多様性を尊重する。

graph1

 

ジャカルタから地方へ・・拡散する成長

州別GDP
gdp1

エリア別GDP寄与率

gdp2

 

ジャワ島の経済規模は他を大きく引き離す。

経済発展は全国的に進行している。

 

州別GDPの推移

gdp3

 

建設コスト

総合コスト    700万ルピア/㎡ ~ 1000万ルピア/㎡

うち、

建屋建築コスト  500万ルピア/㎡ ~ 750万ルピア/㎡

基礎工事コスト  100万ルピア/㎡ ~ 250万ルピア/㎡

 

上記を積算するための資材等単価は下記の通りです。

1セメント調達価格          70,000ルピア~      90,000ルピア   / 一袋40キログラム

2鉄骨調達価格                 20,000ルピア~      25,000ルピア   /   kg

3建設労働者人件費   150,000ルピア~ 300,000ルピア   /   日・人

 

上記建築コストよりも高くなる場合とは・・

1地盤が緩い (基礎工事コストが1.5倍から2倍となる)

2内装を日本のスタンダードで行う(内装資材のほとんどが輸入品であるため、内装重視の建築物ほどコスト高となる)

 

Geography 地理

map2

  • 世界最大の島国

– 島嶼数      : > 17,000

– 陸地面積     : ± 2 million km2

– 海洋面積  : ± 5.8 million km2

– 総沿岸長  : ± 81,000 km

  • 人口 : 246.9 Million
  • 300 以上の民族によって構成
  • 世界最大の多言語国民(700 以上の言葉が使われている)
  • 世界で3番目の規模の民主主義国家

日本からバンドン5,769.87

インドネシア東西6,400.36 km

 

Democracy 民主主義(2014総選挙)

  • 人口       : 246,900,000 (World Bank)
  • 有権者数 : 185,800,000
  • 与党得票数 : 23,681,471 (PDI-P)
  • 選挙管理官    : 4,100,000
  • 投票所       : 545,791
  • 議席数     : 19,699 (中央, 州, 地域)
  • 候補者数     : 235,637
  • 地域数 : 2,471
  • 州数     : 34
  • 政党数 : 15 (12 +3 in Aceh)

World Demography 世界人口 (2010)

demography_japan-indonesia

World Demography 世界人口 (2050)

demography2_japan-indonesia

demography2

出典: 佐藤百合2011、p.35

インドネシアマクロ経済指標

GDP Growth (2013) 5,8 %
FX Reserves (Aug 2013, in USD) 105,2 Billion
Interest Rate (Jan 2014)  7,5 %
Foreign Debt Ratio (2013) 22 %
Inflation (%, y-o-y) (2014) 8,38%
GDP (2013, in USD)

GDP nominal per capita (2012, in USD)

GDP PPP adjusted (2012, in USD)

1,285 Trillion

3,499

5,182

Investment Realization (in USD)

2013

2012

Direct Investment Growth (y-o-y, 2012-2013)

* note: Japanese investment only

4,71 Billion

2,45 Billion

22%

* total foreign investment in 2012 :

USD 27,04 Billion

Source: Various Sources

 

農業生産

Crude Palm Oil 28 mil tons (2011) 1st
Rice 35,5 mil tons (2010) 3rd
Coffee 548.000 tons (2010) 3rd
Cocoa 450.000 tons (2010) 3rd
Cereal  84.776 tons (2010) 4th
Tea 150,000 tons (2010) 8th
Fruits 14.868 tons (2010) 9th

コモディティ

Tin 84.000 tons (2010) 2nd
Nickel 203.300 tons (2010) 2nd
Coal 199,8 mil tons (2011) 5th
Gold 126,8 tons (2010) 7th
Copper 871.000 tons (2010) 5th
Gas 75,6 BCM (2011) 10th

インドネシアにおける発電能力地図(一人当たり)

52.3 M

121Watt/capita

50 M

88 Watt/capita

140 M

216 Watt/capita

 公共交通網

traffic1-3

インドネシアのGDP成長率1994 – 2012*

map4

Impact of 1997’s  Asian financial crisis.

Impact of 2008’s  global financial crisis.

 GDP 成長レベル

gdp5

中間層人口の増大

demography3

According to Nomura, Indonesia is creating its middle-class on an industrial basis which number can reach 150 million people in 2014

Philippines (47.7 million), Thailand (39.9 million), Vietnam (28.4 million) and Malaysia (27 million)

インドネシア中間層

成長率

Income Class 1999 2011 Growth (%)
USD 2.00 – 4.00 37.5 million  95.14 million 153%
USD 4.00 – 10.00   7.5 million  34.84 million 364%
USD 10.00 – 20.00      0.4 million    4.02 million 1005%

Source: CLSA Asia-Pacific Markets, ADB

インドネシア中間層の台頭

middleclass1

qAn estimated 90-125 million Indonesians could join the consuming class by 2030.

qThis implies a surge in demand for consumer products, moving beyond daily necessities to more leisure products and services (e.g car, motorcycle, etc.)

 

インドネシアにおける四輪車販売数

SALES VOLUME IN INDONESIA

car1

In 2012 the sales of automobile in Indonesia reach an all-time highest record of

1,065, 557 units with an increase of 21,3% than the previous year

 

貧困率と失業率

graph1-2

qIndonesia’s robust average GDP growth of 6.3% over the past six years has reduced the unemployment rate to 6.3% of the total labour force  in February 2012 from 11.2% in 2005.

qIn March 2012 the poverty rate dropped significantly to 11.96% of the total population from 17.75% in 2006.

国際協力銀行による投資調査

インドネシアの順位

graph4

各インドネシア「経済開発回廊」ごとのテーマ

map4

map4-2

 

ローウィ研究所(豪)調査 (2012)

qJapan is considered as the closest friend of Indonesia

qJapan is also considered as “most trusted“ foreign countries

qSimilar traits and culture e.g. Japanese = Javanese

qLong friendship and partnership

 

宗教

インドネシア最大のモスク

マスジッド・イスティカル

mosque1-2

世界の4人に一人はイスラム教徒。

religion1

 

イスラム教徒の6割はアジアに住んでます。

その中でも最大がインドネシアで、2億人です。

religion2

パンチャシーラ(建国5原則) 1945年6月1日

  • 唯一神への信仰
  • 公正で文化的な人道主義
  • インドネシアの統一
  • 合議制と代議制における英知に導かれた民主主義
  • 全インドネシア国民に対する社会的公正

flag1

 

食べもの

halal1-4

 

ことば

language1

 

インドネシア語(マレー語と共通)が標準語。

インドネシア語と並行して、各民族言語が使われている。

  • ジャワ語    8430万人
  • スンダ語   3400万人
  • マドゥーラ語 1360万人
  • その他合計500~700言語にのぼるそうです。

日本語

Japanese1-2

歴史

ジャワ原人 (1891年にジャワで発掘)

history1-2

 

香辛料貿易で栄えるバタヴィア(ジャカルタ)

 

history3

1605年ごろのジャカルタ

胡椒(こしょう)の輸出で栄えるが、次第にヨーロッパ諸国の支配が強まり、オランダの植民地となる。

history4

1619年から1667年のジャカルタの変貌を示す地図

history5-6

朱印船貿易(1600年ごろから鎖国まで)

history7

鎖国令とオランダ

  • 1633年(寛永10年)第1次鎖国令。
    奉書船以外の渡航を禁じる。また、海外に5年以上居留する日本人の帰国を禁じた。
  • 1634年(寛永11年)第2次鎖国令。
    第1次鎖国令の再通達。長崎に出島の建設を開始。
  • 1635年(寛永12年)第3次鎖国令。
    中国・オランダなど外国船の入港を長崎のみに限定。東南アジア方面への日本人の渡航及び日本人の帰国を禁じた。
  • 1636年(寛永13年)第4次鎖国令。
    貿易に関係のないポルトガル人とその妻子(日本人との混血児含む)287人をマカオへ追放、残りのポルトガル人を出島に移す。
  • 1637年~1638年(寛永14年~15年)島原の乱。
    幕府に武器弾薬をオランダが援助。
  • 1639年(寛永16年)第5次鎖国令。(バタヴィア追放)
    ポルトガル船の入港を禁止。それに先立ち幕府はポルトガルに代わりオランダが必需品を提供できるかを確認している。

じゃがたらお春

  • (じゃがたらおはる、1625年? – 1697年)は、江戸時代初期に長崎に在住し、後にバタヴィア(ジャカルタ)へと追放されたイタリア人と日本人の混血女性。ジャカルタから日本へと宛てたとされる手紙「じゃがたら文」で知られる。

oharu1

オランダのアジアにおける2大拠点

長崎

(日本)

history8

バタヴィア

(オランダ領東インド)

history9

history10

日本の軍政による支配から独立へ

  • 1942年2月末に日本軍が侵攻
  • 「オランダ領東インド」という呼称を廃止し、「インドネシア」へ。
  • バタヴィア」という都市名を廃止し、「ジャカルタ」へ。
  • インドネシア人による軍組織である郷土防衛義勇軍(ペタ)を設置。
  • 日本の敗戦によりオランダ領へ戻されることとなる。しかしスカルノとハッタの二人は8月17日に独立宣言を行い、インドネシアはオランダとの独立戦争に。
  • 1949年12月にインドネシアの独立が承認される。(ハーグ円卓会議)

独立宣言

history11-12

参考文献

  • 加納啓良監修『インドネシア検定』めこん、2010
  • 佐藤百合『経済大国インドネシア』中公新書、2011
  • 桐山昇、栗原浩英、根本敬『東南アジアの歴史』有斐閣アルマ、2003
  • NNA『インドネシア新会社法 第2版』2011
  • NNAインドネシア『インドネシア新労働法』2005
  • 黒田法律事務所『インドネシア進出完全ガイド』カナリア書房、2009
  • 水本達也『インドネシア 多民族国家という宿命』中公新書、2006
  • 白石隆『海の帝国 アジアをどう考えるか』中公新書、2000