インドネシアに注目するべき5つのポイント

日本企業あるいは起業家がインドネシアへ進出する理由はなんでしょうか。

安い労働力、高い成長率、多い人口。端的に言えばその三つが主要な理由で、多くのメディアにインドネシア経済の好調ぶりが強調されています。しかし、それだけでは他のアジアの国とどう違うの?という疑問が生まれます。
なぜインドネシアが特別な存在なのか、そこを見てみましょう。

インドネシアに注目すべき5つのポイントをまとめると、これ!

1. 政治経済の安定により、人口2億5000万人の消費力が成長しています。

1998年のアジア通貨危機から民主化へ。今では世界最大の直接選挙で大統領を選ぶ国。世界最大の民主主義国家を自負する安定と成長と国です。

2. 可処分所得が増大し、新たな商品やサービスへの出費が拡大しています。

年7%水準で成長を続けるインドネシア魅力は日々成長する中間層。昨日はパーマがはやれば、今日はネイル。どんどん進化する消費意欲にあなたはどうこたえますか!?

3. 若者が多く、有能な人材がどんどん育っています。

増える若年人口とその進学意欲。高等教育もどんどん拡充して優秀な人材が生み出されています。バンドン、ジョクジャカルタといった学園都市をはじめ、各地の大学に注目!

4. 物価水準が日本の5分の1程度ですから、経費が安くなります。

ほんまに安いのです。一食100円くらいで済みます。ただし、現地の物価水準で活動するにはちょっとしたコツは必要です。そのコツは当社へ直接おたずねください。

5. インドネシア人の気質は日本人と似ていますので、文化障壁をあまりかんじません。

長幼の序は、日本文化ではたいへん大切な暗黙のルールですね。ときに日本人でもうざいこのルールに外国人が適応するのはさあ、たいへん。しかしインドネシアはもともとそういう文化なので、違和感がありません。大陸性の押し出しの強さになじめない人は、島国インドネシアの繊細なメンタリティにふれてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。