インドネシアを選ぶ理由

日本企業あるいは起業家がインドネシアへ進出すべき理由はなんでしょうか。

1 .安い労働力
2 .高い成長率
3 .多い人口

端的に言えば上記三つが主要な理由で、多くのメディアにインドネシア経済の好調ぶりが強調されています。
しかし多くの企業や起業家のみなさまは、いまひとつわがこととは思えないのではないかと思います。
それもそのはずで、ほとんどの経済記事が、インドネシアを生産移転地か投機の対象としてしか見ていないからです。

いま企業規模や業種を問わずインドネシアに進出すべきほんとうの理由はそこにはありません。
いまこそビジネススキームの転換を図らなければならないとお考えの起業、起業家のみなさん。
インドネシアはそれを実現するもっともよい環境なのです。

ではいったい、インドネシアへ進出すべきもっとも重要な理由はなんなのでしょうか?

そのまえに、「海外進出」の投稿で掲載した海外へ進出する理由をよくご検討ください。
日本の起業や起業家にとって海外へ進出すべき理由はむしろ自分たちの足元にあるということは十分に認識しておくべきでしょう。

そのことをひとまずおいて、数多くの国からインドネシアを選択すべき第1の理由は、日本語を学ぶインドネシア人の人口がどんどん増えているということです。
2006年には20万人だったインドネシアの日本語学習人口は2009年には70万人に膨れ上がっています(国際交流基金調査)。
この数字は世界第3位で、1,2位の中国、韓国を2012年調査では上回っていることでしょう。
インドネシアの人たちがそれほど日本を知ろうとしてくれているということです。
誰もが日本のアニメにあこがれ、AKBのヒット曲を口ずさむことができ、そして親日感情が強い。
そんな環境は海外でめったに手に入るものではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。