インドネシア首都圏の工業団地事情

たかが首都、されど首都。
インドネシアで生産を行おうとするメーカーにとって、ジャカルタは決して無視できない主要都市です。
したがって、首都圏の工業団地は機動力や利便性といった点でやはり魅力的です。

とはいえ、首都圏の工業団地への進出を検討するために、あるいは工業団地と一体的なマーケティングの拠点を持つのに、暑さと渋滞と高物価で身動きのとれないジャカルタを選択する必要はまったくありません。

首都圏の工業団地の多くは、インドネシア第3の都市バンドンとジャカルタを結ぶ高速道路沿線に展開しています。
したがって、バンドンに拠点を持てば、首都圏の工業団地は充分にカバーできるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。