私たちがよく受ける相談は「アルバイトの留学生を自社で雇いたい」という内容です。日本で働きたい外国人と外国人を雇用したい事業所、双方の意思がうまく結びついています。日本人採用ならそれでOKですが、外国人採用の場合はそうはいきません。事業所様は初めてそれを知って弊社に駆け込んで来ます。

外国人の雇用は一定の条件を満たさないと、在留資格が認められません。これが日本人雇用と外国人雇用が大きく異なる点です。しかし、逆に言えばその点をしっかりと理解しておけば、日本だけではなく海外の大きなマーケットを対象に新たに優秀な人材を呼び込むことができます。

ウェブサイトでは外国人採用のイロハについてご説明しております。お急ぎでアドバイスの必要な場合は弊社まで直接ご連絡ください。事業者様と働きたい人の双方をサポートさせていただきます。